menu

アフターピルを活用する

大量の薬のパッケージ

避妊はしっかりと行おう

普段から、避妊をしっかりと行うことは大事なことです。避妊をせずに性行為に及んでしまうと、望まない妊娠になってしまう可能性が高いからです。少子高齢化と嘆かれている昨今ですが、だからといってむやみやたらに子作りに励むのも問題があるでしょう。人を一人育てるのは大変なことです。金銭面もそうですし、心や技量に余裕がなければとても子どもを育てていくことはできないでしょう。子育てのためには、一定期間仕事ができなくなってしまい、収入も減ってしまう可能性があります。また、待機児童が問題になっているように、保育園や幼稚園に子どもを預けることが難しいので、預けられない間も思うように収入を得ることができないでしょう。

今後の見通しが立っていないまま子どもを授かってしまうのは、危険なことです。自分たちだけではなく、生まれてくる子どもにも危険が及びます。すくすくと育つにはそれなりのお金と環境が必要です。親が自分たちのことで手一杯になっていると、子どものことは二の次になってしまう可能性があります。そんな中で、十分に子どもが育つことができるでしょうか。たしかに最初は、人の親になるという自立心がなく、慌てる時期もあるでしょう。しかしある程度器量や心構えがあるなら、そう大きな問題ではありません。子どもを授かることを理解し、準備を進めていた中での出産であれば、上手く子育てもやっていけるでしょう。しかしそうではなく、計画性のない妊娠であった場合、まだ親になるという心構えも、収入や精神面でも不安定なまま出産を迎えることになってしまいます。もしくは、妊娠が発覚した時に中絶を選んでしまう人もいるかもしれません。



中絶、ダメ絶対。

中絶するということは、一つの命を殺していることであるのを理解しておいてほしいのです。妊娠が発覚した時には、既にそこに命が生まれているのです。それを人間の手で切り刻んで殺しているのが中絶です。まだはっきりとした姿かたちをしていないとはいえ、妊娠しているとわかるときには、既に新しい命が生まれているのです。
また、中絶は女性の体に大きな負担をかけることになります。その後に妊娠しにくい体になってしまったり、妊娠できても流産しやすくなってしまっていたりと、その後に大きな影響を与えてしまいます。

こういった望まない妊娠を避けるためにも、避妊に関する知識をしっかりと持ち、避妊を行うことは大事なことなのです。

避妊に失敗した時には

避妊には、様々な方法があります。日本ではコンドームを用いた避妊が主流でしょう。しかしコンドームの避妊の成功率は絶対ではありません。製造されている段階で、何等かの不備が発生していることもあります。コンドームに穴が開いていたり、正しい使い方をしないと、避妊に失敗してしまいます。また、性行為を終えた後に避妊用ピルの飲み忘れに気づいた時に、慌てる人は多いでしょう。避妊用ピルは、毎日服用を続けることで効果があります。連続して服用していたピルの効果は、服用を中止した翌日は薄れていて、女性の体内では非常に妊娠の確率が高くなっています。そんな時に性行為をしてしまうと、望まない妊娠になってしまう可能性が高いのです。

ここでは、ピルを飲み忘れたり、コンドームの使用方法に誤りがあった時等の、避妊に失敗した時のために、アフターピルという対処法を紹介しています。アフターピルは、病院で処方してもらうことも、通販で購入することもできます。避妊の失敗に気づいた時に服用する避妊用ピルであり、避妊の成功率は高いものとなっています。アフターピルの存在を知っているだけで、意識や気持ちがかわるかもしれません。もし避妊に失敗しても焦ることはなく、落ち着いて対処することができます。

それでは、アフターピルとは詳しくはどんなものなのか、説明していきます。

コンテンツ一覧

山積みになっている色々な種類の薬

「避妊に失敗しても焦らないで!通販でアフターピルを常備しておこう」のコンテンツ一覧です。

read more »

避妊用ピルの働き

通販や病院で購入できるアフターピルを含めた避妊用ピルの中には、女性ホルモンと似た働きをする人口ホルモンが含有されています。これを服用することで、脳に作用し、避妊の効果を出すことができます。

read more »

避妊用ピルの働きとは

通販で購入できる避妊用ピルには、様々な種類があります。しかしアフターピルは大きく分けて2種類しかないので、自分に合ったアフターピルはどちらなのか選びやすいでしょう。

read more »

効果は72時間以内に

アフターピルは、避妊失敗が発覚してから72時間以内に服用することで効果が現れます。ただし、ピルによってその時間は異なってきます。通販で購入した場合でも医師に相談できるので、副作用が酷い場合は病院に行きましょう。

read more »