避妊に対する意識 | 避妊に失敗しても焦らないで!通販でアフターピルを常備しておこう
menu

避妊に対する意識

レンゲに掬われている透明なカプセル

アフターピルは、決められた時間内に服用しなければなりません。なので、緊急時には病院やクリニックで処方してもらうことをおすすめします。通販で購入する場合は、もしものための常備薬として購入するようにしましょう。ただし、医薬品にも期限があるので、長期間保管していたものを使用するのは危険です。一定期間使用していないアフターピルは破棄しましょう。直射日光の当たらない、湿度の低い場所で保管するように心掛け、子どもの手が届かないところに保管しましょう。

アフターピルは大きな避妊の効果を期待することができますが、副作用が強いので、服用すると辛い思いをする人も少なくありません。なので、普段から避妊をしっかりと行っておくことが大事です。アフターピルは最終手段として取っておきましょう。コンドームだけに避妊を頼るのではなく、避妊用ピルを活用したり、他の避妊方法を活用することも視野に入れておきましょう。日本では、男性が主体となって避妊を行うコンドームの活用が広く利用されていますが、海外では女性が主体となって行う避妊が主流です。避妊用ピルは女性が主体となって行う避妊の方法の1つです。日本では保険が適用されず、ピルの服用を続けるには費用がかかってしまうかもしれませんが、そんな時には通販を上手く利用しましょう。到着するのに時間がかかりますが、安価に購入することができ、自分のタイミングで購入できるのが通販のメリットです。

しかし避妊の意識は、自分だけが持っているだけではいけません。パートナーと知識を共有しておくことが大事です。望まない妊娠を避けるためにも、避妊に対する意識と知識はしっかりと持ちましょう。