避妊用ピルの働き | 避妊に失敗しても焦らないで!通販でアフターピルを常備しておこう
menu

避妊用ピルの働き

水色のカプセルと白い錠剤のパッケージ

避妊用ピルは、避妊をすることを目的として開発された医薬品です。避妊用ピルを毎日服用することで、女性の体内に作用し、高い避妊効果が期待できます。コンドーム等のほかの避妊方法と併用することで、成功率は上がります。避妊用ピルには、女性ホルモンと似た働きをするホルモンが含まれています。妊娠をするメカニズムとしては、黄体ホルモンが脳から指令を受け、子宮内を妊娠しやすい環境に作り替えて、排卵を促すことで妊娠することができる身体になります。しかし、避妊用ピルを服用することで、体内に人口ホルモンが取り入れられ、体内には十分なホルモン量があると脳に錯覚させることができます。そうすることで、実際の黄体ホルモンの働きを止めることができ、排卵を防ぐことができます。また、子宮内では、精子の侵入を防ぐように変化させ、着床を拒む形に作り替えられる働きがなされています。連続して服用することで体内のホルモンバランスを整えることができるので、避妊の効果を持続させることができるのです。

避妊用ピルの服用をやめてしまうと、抑制していた排卵が始まり、非常に妊娠しやすい状態になります。これを利用して、妊活に用いることもあります。しかし、意図しない飲み忘れであった場合は危険です。
そんな時に、アフターピルが役に立ちます。