アフターピルの購入方法 | 避妊に失敗しても焦らないで!通販でアフターピルを常備しておこう
menu

アフターピルの購入方法

赤い透明なカプセル

アフターピルは、病院で処方してもらうことができます。避妊用ピルは医薬品なので、日本国内で購入するには医師の処方箋が必要になります。なので、ドラッグストア等では購入することができません。家に常備しているアフターピルがない場合は、避妊失敗発覚後72時間以内であればアフターピルを使用することができるので、その間に病院やクリニックに行き、アフターピルを処方してもらいましょう。
しかし、避妊を目的としたピルには、健康保険が適用されません。病院やクリニックで処方してもらう場合、全額自己負担になってしまうので、覚えておきましょう。低用量ピル等に比べてアフターピルは少し値段が高くなり、1箱に1錠入っていて2,000円ほどします。処方してもらうと、初診料等がかかってきてそれより高くなってしまうので、病院やクリニックによって値段に違いはありますが、5,000~1万円ほどを予想しておくと良いでしょう。

通販で購入する場合、医師の処方箋が必要ありません。これは、海外から輸入し購入する、個人輸入代行サービスを利用しているためです。国内で医薬品を購入するには医師の処方箋が必要ですが、海外から輸入して購入する場合には必要ありません。その分安く購入することができ、アフターピルの料金と送料、手数料を支払うだけで良いので、ピルの金額からプラス千円程度を予想しておくと良いでしょう。しかし、海外から購入しているので、到着に時間がかかってしまいます。早くて1週間ほどで到着しますが、3週間ほどかかってしまう場合もあります。