避妊用ピルの働きとは | 避妊に失敗しても焦らないで!通販でアフターピルを常備しておこう
menu

避妊用ピルの働きとは

黄色いカプセルと錠剤

現在避妊用ピルは、ホルモン含有量が低用量のものが主流になっています。これは副作用の発祥を抑えるためです。ホルモンの量によっては、効果が強すぎて、体に与える負担が大きくなってしまう可能性が高くなってしまいます。もともと中用量で販売されていた避妊用ピルですが、副作用が強く、死亡者が出るケースが増えていたため、低用量が主流になりました。その中でもさらに副作用を少なく抑えることができるのが、超低用量ピルです。全く副作用が出ないわけではありませんが、症状は比較的軽いと言えるでしょう。体質には個人差があるので、どれが自分に合っているのかは、医師の診断を受ける必要があります。

アフターピルには、大きく分けで2種類あります。ヤッペ法と呼ばれるものと、ノルレボ法と呼ばれるものです。ヤッペ法は、中用量のピルを2回に分けて服用するアフターピルです。ノルレボ法は、1錠を服用するだけで効果のあるアフターピルです。
ヤッペ法は、中用量のピルを2回に分けて服用するので副作用はあまり強くありませんが、避妊の効果も大きく期待できるものではありません。2度に分けて服用する手間もあります。しかし、ノルレボ法に比べて安価に購入することができるというメリットがあります。
ノルレボ法は、ヤッペ法に比べて金額が高くなってしまいます。しかし、1度の服用で高い避妊効果を期待することができます。しかし、それと引き換えに副作用が非常に強く出てしまうアフターピルです。吐き気、嘔吐、頭痛等の症状が出やすく、人によってはきつすぎるかもしれません。

どちらにもメリットデメリットがあるので、自分にはどちらが合っているのかを考えて購入することが必要となってきます。