効果は72時間以内に | 避妊に失敗しても焦らないで!通販でアフターピルを常備しておこう
menu

効果は72時間以内に

散らばっている白いカプセル

アフターピルは、避妊失敗が発覚してから服用することで効果があるものです。事前に飲んでおくものではないので、注意しましょう。避妊用ピルを服用している間にアフターピルを飲んでも問題はありませんが、副作用が酷いようであれば病院に行き検査してもらいましょう。アフターピルの効果は、避妊失敗が発覚してから72時間以内に服用することで発揮します。ピルにもよりますが、それ以上時間が経過してしまうと避妊の効果は期待できません。72時間となっていますが、早めに飲むことでより効果は高まるので、失敗が分かった時にすぐに飲むようにしましょう。

アフターピルは、ノルレボ法のものを使用する人が多いかと思います。現在アフターピルで特に使用されているのがアイピルという商品で、多くの人が使用しています。1錠飲むだけで高い避妊効果があるので人気がありますが、12時間以内に服用しなければなりません。また、副作用が強く、嘔吐してしまう人も少なくはありません。アフターピルを服用して12時間以上経過しないと、ピルが体に吸収されていません。12時間以内に吐いてしまった場合、もう一度服用しなければなりません。なので、なるべくアフターピルを飲んだあとは嘔吐を我慢する必要があります。あまりにも副作用が酷い場合は、医師に相談のうえ、アフターピルの種類を変える必要があるでしょう。